イソフラボン 使い方

イソフラボンの使い方

生理前にはイソフラボンを摂取してはいけないの?サプリメントで利用する際に注意することは?女性の体はとても微妙なバランスで成り立っています。サプリメントを上手に利用して女性ホルモンのバランスを調整していきましょう。

TOP > イソフラボンの使い方

イソフラボンの摂取

生理前にはイソフラボンを摂ってはいけないのか?イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きを身体の中でしています。このイソフラボンをサプリメントでとる時は、そのとり方に注意をしなければいけません。摂取する量や飲むタイミングでは効果を得られないばかりか、逆に不具合を起こしてしまう可能性まであります。

特に注意するべきは生理前の女性の場合です。女性は生理によって体の中の女性ホルモンのバランスが崩れやすい傾向にあります。サプリメントでの摂取にばかり頼っているととんでもないことにもなりかねません。ですから事前に勉強していくことはとても大切です。勉強をしないでただやみくもにとっていては十分な効果を実感することはないでしょう。

女性ホルモンは卵胞ホルモンのエストロゲン。黄体ホルモンのプロゲステロンという2つの種類のホルモンが存在しています。それぞれを総称して女性ホルモンと呼ぶのですが、エストロゲンの方は排卵に関係していて卵巣や子宮の機能をサポートして女性らしい体型にしていきます。対してプロゲステロンは女性の生理に関係しています。プロゲステロンは乳腺を発達させたり子宮の働きを活発にさせるなどの働きをしています。

プロゲステロンは生理前によく分泌され、この時期は体調を崩しやすく身体もつかれやすくなってしまいます。プロゲステロンが多いときにエストロゲンをうまく補給することにより両者のバランスがとれて体調が戻るという効果も期待することができます。

女性ホルモンのバランス

女性の体の中では普段はエストロゲンとプロゲステロンがうまくバランスをとって女性ホルモンのバランスの均衡が保たれています。どちらから優位になる時にバランスが崩れるのですが、両者を同量を一緒に摂取した場合はプロゲステロンの干渉のほうが強くなると言われています。ですから生理前の不具合はプロゲステロンを摂取するようにしたほうがいいでしょう。

常日頃からホルモンバランスが悪いという方は生理の時期にこうやってプロゲステロンサプリでイソフラボンをとることで生理前の不快なおもいをせずに済むこともあります。今までにご紹介したのはあくまでも例であって確実に効果があるというわけではありません。自分の生理の時の症状をよく観察してどのように、また、どの程度の成分を補給したら症状が緩和されたという記録をとりながら自分の体調に合わせてサプリメントをとるようにしましょう。

まだサプリメントに慣れていない方は生理前後にイソフラボンを摂取することは避けておいたほうがいいですが、気になるという方は様子を見ながら試してみるとよろしいかと思います。

イソフラボンの使い方 トップへ戻る